陰毛の白髪染めおすすめランキング【女性向け】下の毛を安全・綺麗に染めるコツと頻度、染め剤の違いも解説

陰毛の白髪染めおすすめランキング【女性向け】下の毛を安全・綺麗に染めるコツと頻度、染め剤の違いも解説

はじめまして、私は現在42歳、東京で一人暮らしをしています。

実は20代で若くして結婚→離婚を経験したバツイチなんですが、子どもがいないので、結構いい年にも関わらず、自由に楽しく生きています。

自分で言うのもなんですが、この年になって独身&子ナシだと仕事人間になるしかなく、最近では割と大きな役を任されることもあって、収入だけはそれなりにある。

だからネイルやエステなどで自分磨きにお金を掛けていたし、最近恥ずかしながら7歳も年下の彼氏ができたこともあって、勝手に自分はまだまだ若い気でいました。

でもある日。

お風呂でいつも通り身体を洗っていると、見つけちゃったんです!

それは下の毛・・・つまり陰毛のところどころに白く光るものを・・・。

「うそっ!あそこの毛も白くなるの?」

ってもうびっくり!

私、今はカラーリングしてるけど、元々髪の毛は太くて黒々したしっかりタイプ。

だから当然陰毛も、剛毛で黒々してて、余計に白髪が目立つ目立つ(泣)

「あそこの毛が白いなんて、こんなの彼氏にバレたら絶対引かれちゃう!どうしよう?!」

・・・そこで私がとった行動は、下の毛にも使える白髪染めで、陰毛の白髪をこっそり染めることでした。

色々調べた結果、マイナチュレ白髪染めを使ってみることに。

そうしたら、綺麗に染まるし、元々の黒い陰毛も優しく馴染んで、すごく自然な仕上がりになったんです。

私のように、陰毛に白髪を発見して悩んでいる人にはかなりおすすめです。

そして調べて分かったのは、下の毛にも使える白髪染めって結構種類があって、タイプも使用感もにおいもそれぞれ違うということ。

だからここからは、実際に陰毛を白髪染めでキレイに染めることのできた私が、陰毛におすすめの白髪染めの選び方やお気に入りの白髪染めを、ランキングにして紹介していきます!

目次

陰毛用白髪染めの選び方

陰毛用白髪染めの選び方

陰毛は大事なデリケートゾーンに生える毛だから、陰毛の白髪が染まれさえすれば、どれでもOKってわけにはいきません。

なのに陰毛専用として販売されている白髪染めは、どこにもない。

となると、やっぱり髪の毛用の白髪染めで染めるしかないんです。

じゃあ陰毛に使える白髪染めって、どのようなものを選ぶのが良いのか?

下記の5つのポイントに気をつけて選ぶのがおすすめですよ。

1.陰毛が染まりやすい白髪染めを選ぶ

陰毛って、髪の毛よりも太くてゴワゴワしていませんか?

しかも私は体質的に毛がしっかりしていることもあって、白髪の部分以外は、黒光りするほど黒々してます(泣)

以前、美容師さんに

  • 地毛が真っ黒タイプ
  • 髪の毛が太い
  • 髪の毛が固くごわついている

こんな人は、カラーが入りづらいって言われたことがあるんですが、「私の陰毛も全部当てはまってる!」という人が多いんじゃないでしょうか?

そう、陰毛って髪の毛よりも染まりづらい毛なんです。

ただ白髪だけ染まっても、元々の黒い陰毛と馴染まなければ白髪部分が浮いて見えてしまう。

それに、せっかく染めたのにすぐに色が抜けちゃって頻繁に染め直すのは、肌に負担がかかるので避けたいところ。

だから、毛質を選ばず染まりやすい、そして色持ちの良い白髪染めを選ぶのが大切なんです。

2.ダメージが少ない、陰毛が傷まない白髪染めを選ぶ

染まりやすさを求めるあまり、毛髪にダメージが加わるほど強い刺激のある白髪染めは、局部近くに生える陰毛にはNG。

特に市販の白髪染めに配合されていることの多い、ジアミン(パラフェニレンジアミンという成分は、とても強い染色効果がある反面、発がん性物質の一つにもなっている有害物質なんです。

したがって、おすすめできません。

よく1剤・2剤を混ぜ合わせて使うタイプの白髪染めってありますよね。

このタイプは

  • 1剤・・・アルカリ剤でキューティクルをこじ開けて酸化染料で染色
  • 2剤・・・酸化剤で髪の内部まで浸透

このような仕組みで染まるんですが、1剤で使われている酸化染料っていうのがジアミン系の成分。

ジアミン配合の白髪染めを使うと、弱っている白髪どころか元気な黒い毛や肌まで痛める原因になるし、皮膚に触れると毛細血管を通って、有害物質が体内に入ってきてしまいます。

こんなのをデリケートゾーンに使うなんて恐ろしすぎますよね。

だから、ジアミンの含まれていない白髪染めを選ぶことが大切です。

3.肌に優しい安全な白髪染めを選ぶ

白髪染めは髪の毛に使うものとはいえ、塗布する際に肌に触れたり、染まるまで放置している間に肌に垂れてきたりします。

特に陰毛は、局部に近い部分にある、とてもデリケートな場所。

だから陰毛の白髪には、肌に優しい成分、アレルギーの心配が少ない安全な白髪染めを選びましょう。

先ほど髪を痛めるとお話したジアミンは、もちろん肌の炎症を引き起こす可能性がありますし、他にも

  • パラペン
  • 鉱物油
  • 酸化剤
  • ジアミン系色素
  • タール色素(色+数字で表記されている合成着色料)

などの添加物も、肌荒れやひりつきの原因となり、敏感なデリケートゾーンの肌には避けたいところ。

だから、一番のおすすめは無添加の成分でできた白髪染めです。

その上、皮膚の炎症反応を見るパッチテストやアレルギーテスト、また敏感肌の人を対象とした皮膚の刺激感を評価するスティンギングテストを実施しているものだと、なお良し!

大切なデリケートゾーンの肌がボロボロだと、本当に女として終わっちゃうかもしれません。

だから購入前には必ず、配合されている成分をチェックするのを忘れないようにしましょう。

4.お風呂場でも使いやすく汚れにくい白髪染めを選ぶ

陰毛の白髪染めをするとなると、多くの人がお風呂場で染めることになると思います。

その際気になるのが、シャワーで洗い流した後に染料がお風呂場内に飛び散って汚れてしまうこと。

特にタイルの目地やパッキン部分に染料が入り込んだまま気づかないと、なかなか落ちずに黒カビみたいに残ってしまうことも・・・。

だから、なるべくさーっと落とせて、汚れにくい白髪染めを選びたいところですね。

後ほど詳しくお話しますが、白髪染めにはシャンプータイプやムースタイプ、トリートメントタイプなど、様々な種類のものがあります。

その中でも一番お風呂場が汚れにくい、トリートメントタイプがおすすめです。

トリートメントタイプなら白髪を染めるだけでなく、トリートメントとしても使用できるくらい毛や肌に優しいので、素手でも使えるほどなんです。

手についてもシャワーで洗い流せば簡単に落ちるから、お風呂場にも汚れが残りにくいし何と言っても落としやすい。

それに質感もクリーム状でこってりしてるから、ポタポタ垂れるようなこともありません。

5.においがきつくない白髪染めを選ぶ

さらに陰毛の白髪染めで選びたいのがにおいがきつくないもの。

市販の白髪染めやカラー剤って、ツーンとした刺激臭が気になりませんか?

ツーンとしたにおいは、アルカリ剤に含まれるアンモニア臭が原因なんです。

先にお話しした1剤・2剤に分かれているタイプの、1剤の方に含まれているものがアルカリ剤です。

・・・陰毛を染める場合、お風呂場の椅子か浴槽のふちに座って塗布することが多いと思います。

その際、白髪染めが局部に触れないよう見ながら塗るので、体勢的に顔を下腹部に近づけることになるはず。

つまり陰毛の白髪を染める時は、白髪染めを髪に塗布する時よりも、ダイレクトに刺激臭を感じることになるんです!

気持ち悪くなって倒れたりでもしたら、大変ですよね。

だから陰毛用の白髪染めは、低刺激で、においがきつくない白髪染めを選ぶことが大切なんです。

【陰毛の白髪染めおすすめランキング】女性のアンダーヘアの悩みをこっそり解決できるのはコレ!

【陰毛の白髪染めおすすめランキング】女性のアンダーヘアの悩みをこっそり解決できるのはコレ!

以上の陰毛用白髪染めの選び方を踏まえつつ、ここからは陰毛の白髪染めおすすめランキングを発表したいと思います。

【1位】マイナチュレ白髪染め【マイナチュレ カラートリートメント】(満足度

マイナチュレ白髪染め

価格 通常価格4,730円(税抜)
使いやすさ
染まりやすさ
におい ハーブ系の清涼感のある香り
タイプ トリートメントタイプ
公式サイト https://haircare-my-nature.jp/

私が使用している陰毛用の白髪染めがコレ!

本当におすすめです。

購入の決め手は、まず何と言っても白髪が綺麗に染まるのに無添加だということ。

具体的には、

  • 合成香料フリー
  • シリコンフリー
  • 鉱物油フリー
  • パラベンフリー
  • ジアミン系染料フリー
  • 紫外線吸収剤フリー
  • サルフェートフリー
  • 法定タール色素フリー

髪や地肌を痛める原因となる添加物は、何も入っていないんです。

それどころか、トリートメントタイプの白髪染めだからとにかく髪に優しい!

痛むどころか、マイナチュレで白髪染めをすることで、白髪ケア・スカルプケア・エイジングケア・ヘアケアと1本で4つのケアができちゃうんです。

パッチテスト・アレルギーテスト・スティンギングテストと3つの厳しい検査も実施済みなので、肌が弱い人でもデリケートゾーンに安心して使えますよ。

マイナチュレの公式サイトから買うことができるんですが、単品買いするよりも、定期コースで頼んだ方が断然お得です。

マイナチュレの体験談

私がマイナチュレ白髪染めを使ってみて素晴らしいって感じたことは、陰毛の白髪が綺麗に染まるのはもちろん、陰毛のごわごわした手触りがサラっと柔らかくなったこと。

トリートメント効果で、下着越しでも感じるなめらかな肌触りになったんです!

剛毛な陰毛じゃなく、ふんわりアンダーヘアに生まれ変わったような感じ(笑)

それに色味も真っ黒じゃなくダークブラウンで、染まりもとっても良いから、元々の黒い毛と馴染んでとっても自然な仕上がり。

直接手や頭皮に触れても大丈夫なほど優しい成分でできているのに、不思議なくらいしっかり染まってくれます。

においはハーブ系の爽やかな香りだから、陰毛を染めるために近くで嗅いでも全然きつくなく、むしろ良い香りです。

女性は、このにおいが好きな人の方が多いんじゃないでしょうか?

最初はマイナチュレ1本定期コースから始めたんですが、髪の白髪にも使いたくて最近2本コースにしました。

本当にムラなく綺麗に染まるので、美容院代が浮いて助かってます。

今では40歳を過ぎた私のマストアイテム。

あなたも陰毛の白髪に悩んでいるなら、本当におすすめですよ!

マイナチュレの口コミ

マイナチュレの使い心地の良さは、Twitterでもかなり話題になっていました。

【2位】ハイステップヘアカラートリートメント (満足度

ハイステップヘアカラートリートメント

価格 通常価格4,590円(税込)
使いやすさ
染まりやすさ
におい 無臭
タイプ トリートメントタイプ
公式サイト https://www.hi-step.co.jp/

こちらも美容成分が95%も含まれたトリートメントタイプで、天然由来の色素を使用した髪にも地肌にも優しい白髪染め。

だから陰毛の白髪染めにもピッタリなんです!

  • ジアミン不使用
  • シリコーン不使用
  • 香料不使用
  • 鉱物油不使用
  • パラベン不使用
  • 酸化剤不使用

と、有害物質もしっかりカットされています。

しかも白髪染めには珍しい無臭タイプだから、においに酔いやすい人でも大丈夫。

そして何よりハイステップは25年もの歴史がある信頼できるブランドなので、万が一肌に合わなかった場合の全額返金保証もあるし、サポート対応もしっかりしているから、安心して使用できます。

購入は公式サイトの継続回数縛りなしの定期コースがとってもお得です。

ハイステップヘアカラートリートメントの口コミ

ハイステップヘアカラートリートメントは、化粧品や美容製品の口コミや情報について、多くの女性から支持を得ている@cosmeで高く評価されていました!

こちらのダークブラウンを使用しました。 使うときは、トリートメントと同じようにシャンプーのあとお風呂の中で使えます。 ノンシリコン、無香料、無鉱物油、ジアミン不使用、パラペン不使用、酸化剤不使用。

髪や頭皮に負担をかけにくい無添加にこだわられているので、やさしい使い心地になっています。

白髪が目立っていた黒髪に使用してみましたが、染め上がりがとても自然でした。

1回目のトリートメントでも染まっていましたが、2回、3回と染めていくうちによりしっかり染まってくれている印象です。

トリートメントで髪の毛のケアもでき、サラッとした仕上がり。 なにより嫌なにおいが全くしないので、使いやすいのが特徴だと思います。

引用:@cosme

【3位】髪萌(HATSUMOE)ヘアカラー(満足度

髪萌(HATSUMOE)ヘアカラー

価格 通常価格4,600円(税抜)
使いやすさ
染まりやすさ
におい ほんのり甘い香り
タイプ トリートメントタイプ
公式サイト https://hatsu-moe.com/

髪萌ヘアカラーは、カラーをしっかり入れる「髪萌カラーアップ」と、色持ちをキープさせながらトリートメント効果をUPさせる「髪萌ヘアカラートリートメント」のW使いで、白髪を染めながら髪をいたわることができます。

そしてこちらの製品も、無添加で毛髪や地肌に優しい白髪染めだから、陰毛にもおすすめですよ。

  • パラベン不使用
  • ジアミン系色素不使用
  • 鉱物油不使用
  • 法定色素不使用
  • 酸化剤不使用

髪萌カラーアップは塗布してからたった5分で染まるので、お出かけ前の慌ただしい朝のシャワー時にも気軽に染めることができます。

根本部分の目立つところはカラーアップ、陰毛全体のケアにヘアカラートリートメントと使い分けてもよし。

週初めにカラーアップ、3~4日後にヘアカラートリートメントで色持ちUPというサイクルを作ってもよしと、自分に合った使い方ができるのも魅力です。

購入は、amazonなどの通販サイトからも単品購入できますが、公式サイトからの方が、カラーアップとヘアカラートリートメントWのお試しセットや、割引購入できる定期コースがあるからお得ですよ。

陰毛の白髪を自分で綺麗に染める方法とコツ

「陰毛の白髪は、髪の毛用の白髪染めで染めるのがおすすめなことは分かったけど、中々見えづらい部分だし、1人で綺麗に染められるか不安・・・。」

「局部が近いから怖い。」

このように思っている人は、多いのではないでしょうか?

でも大丈夫。

先ほどご紹介した無添加の白髪染めなら、肌に触れても安全に作られているので、ちょっと局部に近い部分に触れても、しっかり洗い流せば、急激に腫れ上がったりかゆくなったりすることはありません。

それにトリートメントタイプの白髪染めなら、液だれもしにくいから、肌を伝って滴るようなこともありませんよ。

肝心の染め方のコツとしては、お風呂場の椅子か浴槽のふちに浅く腰かけて、足を開いておこなうこと。

その方が立ってするよりも、陰毛に顔を近づけることができるから見えやすくなります。

それから、素手で触れても大丈夫な成分でできているとは言え、染める際は手袋をつけるのをおすすめします。

手についた白髪染めは洗えばすぐに落ちますが、染料がもしも爪に入ってしまうと、爪ブラシなどでこすらないと落としづらくて面倒なんです。

そして製品によって、乾いた毛に塗布する場合と、濡らした毛に塗布する場合があるので、よく説明書をチェックしてくださいね。

準備が整ったら、利き手と反対の手に適量の白髪添めを出して、そのままその手で陰毛を下から支えるように持ち上げます。

次に今度は利き手で陰毛を揉むように塗布していきます。

片手を添えながら塗布していくことで、余分な液が局部に入るのを防ぐことができますよ。

最後に陰毛全体を掌でもう一度揉み込むように馴染ませたら、説明書通りの時間放置しましょう。

その間に髪の毛のシャンプーとかをしてもOK!

・・・このように、トリートメントタイプの白髪染めなら、肌につくことを怖がらずにできるんです。

  • 椅子などに浅く腰かけて、足を開いておこなう
  • 両手を使って陰毛に揉み込むように塗布する

この2点のポイントだけ押さえてみてくださいね!

【年代別】白髪染めで陰毛を綺麗に保つためのおすすめ使用頻度

【年代別】白髪染めで陰毛を綺麗に保つためのおすすめ使用頻度

陰毛の白髪と言っても、髪の毛と同じで、30代・40代・50代では生え方や量は違ってくるもの。

それによって、白髪染めで染めた陰毛が、綺麗な状態を保てる日数も変わってくるんです。

そこで、ここでは年代別に分けて、陰毛用白髪染めのおすすめの使用頻度を見ていきましょう!

30代

30代は個人差はあるものの、白髪はまだちらほらといった感じの人が多いと思うので、無理に染めるサイクルを作らず、白髪が目立った時や色落ちが気になった時にその都度おこなうのが良いです。

ほんとに数本程度だったら白髪染めで染めなくても、ハサミで根元からカットすればOK

40代

40代、私くらいの世代になると一部分だけ白髪の多い箇所があったり、まばらに何本も生えていて、白髪がパッと見で分かるくらいの人も多いと思います。

そんな方は5日~1週間に1度程度、染めた白髪の部分が光って見え出したらおこなうと良いでしょう。

50代

50代では、毛量の半分くらいが白髪となっていて遠目に見ても分かるような人も多いのではないでしょうか?

しかも白髪染めで1回染めたぐらいでは、あまり濃い色が入らず、しかもすぐに白髪に戻ってしまう場合も。

そこまで白髪が多い方は、まず好みの色合いになるまで、数日間連続して使い続けてみてください。

その後は1週間に2度ほど、だいたい3日に1回程度白髪染めをおこなうと、常に綺麗な色をキープできますよ。

陰毛を染めてダメージや痛みはないの?アレルギーでも使える?

陰毛を染めてダメージや痛みはないの?アレルギーでも使える?

それでもやっぱり、白髪染めを使い続けると陰毛が痛んだり、デリケートゾーンの肌にダメージを受けたりするんじゃないかって、心配になると思います。

だって、局部を守るための下の毛なのに、その毛に無添加とはいえ、たくさんの成分が入った白髪染めを塗るのですから。

それにアレルギーの心配もあります。

だからやっぱり、購入前の白髪染めの成分確認はとっても大切なんです。

特にジアミン系の有害物質や添加物が入っていないものを、ちゃんと選んでくださいね。

少なくとも、私が使ったマイナチュレ白髪染めは、肌が荒れたり、陰毛がごわついて痛むことはありませんでした。

それどころか、剛毛すぎて下着ですれてしまい、逆に痛んでいたであろう私の陰毛の毛質がトリートメント効果で良くなったんです!

ちなみに先ほどもお話した通り、マイナチュレ白髪染めは、

  • パッチテスト
  • アレルギーテスト
  • スティンギングテスト

を実施していて、肌荒れやアレルギーの心配はほぼないので安心してください。

それでもアレルギー体質だからという理由などで、どうしても心配な人は、陰毛に使用する前に、目立たない部分でパッチテストをしましょう

陰毛の白髪染めはドラックストアや店舗でも売ってる?

髪の毛の白髪染めはドラッグストアやスーパーなどで、様々なメーカーから販売しているのをよく見かけます。

でもドラッグストアなどに売っている白髪染めは、1剤2剤に分かれているジアミン配合のものや、着色料などの添加物が入っているのものが多いんです。

ですから、デリケートゾーンに生える陰毛用には適しません。

したがってマイナチュレのような無添加の白髪染め用のトリートメントを、自分で納得して信頼できると思えたメーカーの公式サイトなどから購入するのが、一番安全で確実な購入方法なんです。

白髪染めのタイプの違い。陰毛の白髪染めにはトリートメントタイプがおすすめ

白髪染めのタイプの違い。陰毛の白髪染めにはトリートメントタイプがおすすめ

先ほどから陰毛の白髪染めには、トリートメントタイプがおすすめだとお話していますが、それにはちゃんとした理由があります。

そこでここでは、他にどんなタイプの白髪染めが販売されているのか、紹介していきますね。

これを読めば、なぜトリートメントタイプが陰毛の白髪染めに向いているのかが分かります!

トリートメント

トリートメントタイプは白髪を染めるとともに、髪の毛を保護していたわる、最も毛に対して優しい白髪染めです。

適量を陰毛に塗ったあと、数分~数十分置いて流すだけで、しっかり成分が浸透してサラサラツヤツヤの陰毛になるから、その手触りにあなたもきっと驚くはず!

固めのクリーム状だから、垂れる心配も塗布しながら飛び散る心配もありません。

しかも陰毛の白髪をしっかりホールドして染め上げていくから、染まり具合も色持ちも抜群。

このような理由から、陰毛を染めるのに最もおすすめで文句なしの白髪染めタイプです!

シャンプー

シャンプータイプの白髪染めを陰毛に使う場合は、髪の毛をシャンプーする時と同じように、あらかじめ液をよく泡立ててから、陰毛を洗うようにわしゃわしゃ泡立てて染めていきます。

シャンプーとして使えるものだから、髪にも頭皮にも優しい成分でできているものが多く、陰毛の白髪染めとしても使えることは使えます。

しかもほとんどのシャンプータイプの場合、放置せずすぐに洗い流してOKなものが多いから、時間がかからないのは嬉しいところ。

だけどその分、1、2回では十分に染まらないし、シャンプーをし続けないとすぐに色落ちしてしまうから、毎日の使用が必要です。

それに最初の泡立てる段階だったり、わしゃわしゃ洗っている時にお風呂場内に飛び散りやすいことも難点。

すぐに流せば簡単に落ちるものの、広範囲に飛び散ってしまうと、つい見落としてしまいがちです。

時間がたった白髪染めは落としづらいこともあるので、染まりにくいことと掃除の手間を考えてみると、シャンプータイプの評価は少し下がります。

ムース(泡)

ムースタイプの白髪染めは、最初から泡で出てくるため、自分で泡立てる必要もなく、出したらすぐ使えて便利です!

泡の粒が細かいから、陰毛にもしっかり絡んで染まりやすいのもメリット。

しかも無添加で、肌に優しい製品も販売されています。

だけど塗布してから放置している間に、お風呂場の湿気などでムースがゆるくなって液体化し、局部まで流れて伝ってくることも・・・。

いくら肌に優しく安全だとは言っても、肌だけでなく局部に直接白髪染めが流れて来ることに抵抗がある人は多いでしょう。

ヘナ

ヘナタイプの白髪染めは、数年前から日本でも注目されている、ミソハギ化の植物をパウダー状にしたものを自分で溶かして使います。

ヘナを使ったタトゥーが少し前から流行っているので、ご存知の人も多いのではないでしょうか?

ヘナタイプは完全に植物から作られた染料なので、有害物質が配合されていることはありませんし、 髪の毛のダメージ部分を埋めるトリートメント効果も持ち合わせています。

ナチュラル思考の人に、特に人気の白髪染めのタイプが、このヘナです。

ですがパウダーを溶かして使うのって意外と手間がかかりますし、なんと言ってもヘナの持つ色素はオレンジ色。

だから白髪染めも最初はオレンジに染まり、使い続けるたびにどんどん濃くなってオレンジブラウンになっていきます。

それに黒髪を染める効果はありません。

ですから成分的には陰毛にもバッチリ使えますが、髪の毛よりも黒々とした陰毛に使ったところで、白髪部分の色だけ浮いて見え、馴染みにくいんです。

したがって陰毛の白髪染めには不向きだと言えるでしょう。

一緒にしたい!おすすめの陰毛ケア・白髪予防

一緒にしたい!おすすめの陰毛ケア・白髪予防

さて、これまで陰毛の白髪染めについてお話してきましたが、陰毛の白髪はできる限り増やしたくないですよね。

そこで最後にお話するのは、おすすめの陰毛ケアや白髪の予防方法です!

陰毛の白髪染めと併せてチェックしてみてくださいね。

部分的に気になる白髪は抜かずにカットする

もし陰毛に、数本程度の白髪を発見した場合、とっさに抜いてしまいたくなる気持ちは分かりますが、デリケートゾーンの皮膚は他の部位よりも皮膚が薄くて弱いんです。

だから抜くと肌にすごく負担がかかって、炎症を起こしてしまうことがあります。

それに毛を作り出す毛母細胞まで傷ついてしまうと、同じ毛穴から生えている健康な黒い毛までダメージを受けて白髪化し、余計に白髪を増やしてしまう原因に・・・。

ですから、数本程度の白髪は抜かずに根元ギリギリのところでカットするのがベストです!

眉毛用のハサミなど刃の部分が小さいものだと、狙いを定めてカットしやすいからおすすめですよ。

バランスのとれた食生活を心がける

髪の毛同様、陰毛の白髪も栄養バランスの取れた食生活を心がけることで、改善することができます。

特に、毛を黒くするメラニン色素を作り出す「ヨード」を多く含む海藻類

健康な髪を作るのに欠かせない「シスチン」やメラニン色素の原料となる「チロシン」を多く含む大豆類

また、体内で健康な血液を作り、毛に栄養を行き渡らせる黒い食材(黒豆・黒ゴマ・黒米など)や赤い食材(クコの実・クルミ・松の実など)を積極的に摂ることをおすすめします。

十分な睡眠をとる

陰毛の白髪を予防するのにも、充分な睡眠は不可欠!

なぜなら人は寝不足になると体内で血行不良を引き起こして、綺麗な血液や栄養を毛に送り届けることができなくなるからです。

また、22時~深夜2時までの間は、髪の毛をはじめとする毛を成長させる大切な時間。

なのでこの時間帯にずっと起きていると、白髪を予防するどころか健康な黒髪の成長まで妨げてしまうので注意してくださいね。

適度にストレス発散!溜め込まない

ルイ16世の王妃、マリーアントワネットが死刑宣告された日。

本当かは分かりませんが、彼女はがショックのあまり、一夜にして全ての髪の毛が白髪になったと言われています。

現実的には、一夜にして全部が白髪になることは考えにくいですが、人は大きなストレスを抱えることで白髪が増えると言われていることは真実。

その理由は、ストレスによって自律神経が乱れることで、メラニン色素を作る細胞のはたらきまで低下してしまうからなんです。

ですから、適度にスポーツや趣味を楽しむ時間を設けて、自分から意識してストレス発散するよう心掛けましょう。

マッサージをして血流を良くする

先ほどもお話したように、健康で黒い陰毛を生やすのには、血流を良くすることが大切です。

そこで自宅でできて、デリケートゾーンや骨盤回りの血流をUPさせる効果のある、骨盤底筋マッサージの方法を伝授します。

女性の大敵、冷えの改善や生理痛の軽減にもなるので、是非やってみてくださいね!

  1. お風呂上りなど身体が温まっている時に、椅子に座りボディオイルかボディクリームを両手にたっぷり取る。
  2. 太ももの内側の付け根辺りを、指でつまんで離してを繰り返しながら、上から下にお尻の方まで移動していく。
  3. お尻の下辺りから太ももの付け根を沿うように、4本指を使って今度は下から上に向かってなぞるようにマッサージをする。

たったこれだけなんです。

太ももの付け根をマッサージするので、なるべく下着はつけないでおこなうことをおすすめします。 

まとめ:安全なマイナチュレ白髪染めで陰毛の白髪を無かったことに!

まとめ:安全なマイナチュレ白髪染めで陰毛の白髪を無かったことに!

いかがでしたでしょうか?

陰毛の白髪って見つけた時はショックかもしれませんが、髪の毛同様、誰でも年と共に自然に増えていくもの。

だから、陰毛用の白髪染めでちゃんとケアをして、健康で綺麗な毛質に整えてあげるのがおすすめなんです!

最後に、陰毛用の白髪染めの選び方をまとめると、

  • 染まりやすく色が抜けにくい白髪染めを選ぶ
  • ジアミン系の成分配合の白髪染めは避ける
  • 無添加で、パッチテストやアレルギーテスト、スティンギングテストなどを実施している、肌に優しく安全な白髪染めを選ぶ
  • お風呂場でも使いやすく汚れにくいトリートメントタイプの白髪染めを選ぶ
  • 顔を陰毛に近づけても、においがきつくない白髪染めを選ぶ

そして、これらの全てに当てはまって、私が心からおすすめできる陰毛用の白髪染めはマイナチュレの白髪染めです!

これ1本で白髪がしっかり染まるだけでなく、下着でこすれて痛んだ陰毛も、私のようにごわついた剛毛な陰毛もふわっと柔らかくなるから、日々のアンダーヘアケアとしても使えます。

陰毛の白髪を見て見ぬしている間に、彼とのお泊りの日が来たら?

友達と温泉に行くことになったら?

婦人科で内診する機会が訪れたら?

きっと頭の中が、陰毛の白髪のことで一杯になってしまうと思います。

そんなことになる前に、もしも陰毛に白髪を見つけたら、今すぐ白髪染めを使ってアソコの白髪をなかったことにしましょう!

>>【30日間返金保証付き】マイナチュレ白髪染めを試す

更新日:

Copyright© 【陰毛の白髪染め】私のおすすめブログ , 2019 All Rights Reserved.